邪気を祓い 春を迎える(カインドネスケア)

「立春」を前に、「魔を滅する」ためにマメを投げて鬼を追い払い、心身の邪気を祓って、明るく楽しい春を迎える準備をすませました。
昼食は、鬼を寄せ付けないようにと、恵方巻(太巻き)と豆の煮もの、イワシの生姜煮を召し上がっていただきました。

節分行事 ② (憩いの家 湯苗田)

節分といえば鬼と豆。今年の鬼はとても怖そうですが・・・。

♪鬼はこっそり逃げていく~♬ 歌の通り、利用者様で協力して無事に鬼退治。

無病息災・家内安全・商売繁盛を願って豆まきを行いました。

「鬼は外!福はうち!」 (リアン)

今日は節分です。リアンの昼食では恵方巻の太巻き、鰯の生姜煮、鉄火味噌と節分に関するお昼ご飯でした。また鬼退治をして1年の健康を祈りました。

節分行事 ① (憩いの家 湯苗田)

2月2・3日に節分行事を行いました。2日は、利用者様に恵方巻を作って頂きました。卵焼き・椎茸・桜生姜・ツナ・きゅうりの5品を具材にして海苔で巻きました。

 無病息災・商売繁盛など思い思いに願いを込めて・・・美味しく頂きました。

お煎餅作り(リアン)

米粉を水で溶き、桜えびと青のりを入れた元をホットプレートで薄く延ばして焼いてお煎餅にしました。バリっと焼くコツは出来るだけ薄くする事です。

寒さが和らいだ朝の散歩(憩いの家 湯苗田)

ここ2週間ほどは寒い日が続き、屋内から外の様子を眺めていましたが、今朝は寒波の影響も和らぎましたので久々に屋外散歩を行いました。朝日が背中をポカポカと温めてくれます。 庭の梅の花や椿の花を見ながら、ゆったりとした朝の時間を楽しみました。

春は目の前(法人本部)

笛吹荘前庭の紅梅が、ポツリポツリと小さな可愛い花を咲かせています。

澄んだ空気にピンクの花が映えて、華やかな気分になります。

今は花見といえば桜ですが、奈良時代は花見と言えば梅の花だったそうです。

「人はいざ心も知らずふるさとは花ぞ昔の香ににほいける」(紀貫之)この花は梅の花

「年年歳歳花相似たり、歳歳年年人同じからず」(劉希夷)この花は桃や李の花

千年以上も前のことですが、全くその通りに思います。毎年思い返えします。

窓越しの笑顔(カインドネスケア)

この春から新型コロナウイルス感染症が5類指定されるとの報道がありましたが、介護施設では、まだまだ、厳重な感染体制をとっています。入居者の皆様も、ご家族の皆様も、窓越しでも面会できることにとても喜んでいただいています。なお、カインドネスケアでは、LINEビデオ通話によるリモート面会も行っており、気軽につながることができて嬉しいとご好評をいただいています。

チヂミづくり(憩いの家 湯苗田)

今月のおやつレクは、ニラをたっぷりと使ったチヂミを作りました。

ニラと人参を入れたチヂミのタネをホットプレートで焼き始めると、ホール中にニラの焼ける香が広がり、皆さんの食欲をそそっていました。熱々のチヂミを酢醤油にごま油を少し加えたタレで召し上がって頂くと、皆さんからは、「ニラが甘くておいしいね」「香ばしい感じもいいわね」といった感想と共に笑顔が見られていました。

電子ピアノを楽しく演奏♪(笛吹特養)

電子ピアノを毎日演奏されている利用者さんです。もうすぐ99歳を迎えられます。「岩壁の母」「北国の春」「ふるさと」、童謡や唱歌などを演奏してくださり、懐かしい曲に利用者様の皆さまは毎回聴き入っています。